MENU

【となりのチカラ】原作なしで完全オリジナル!放送前のネタバレまとめ

2022年1月20日(木)21時から放送予定の新ドラマ「となりのチカラ」。

松本潤さんが2018年以来の主演ということで放送前から話題になっています。

最近では漫画から実写ドラマ化されて一躍有名な作品となるケースも多々ありますが、

新ドラマ「となりのチカラは原作はありません。

調べてみましたので早速見ていきましょう!

目次

【となりのチカラ】原作なしで完全オリジナル!

【となりのチカラ】は原作はありません。完全オリジナル!なんです。

脚本家の遊川和彦さんは数々のヒットドラマの脚本を手がけており、そのほとんどがオリジナル。

今回の「となりのチカラ」も例に漏れることなく完全オリジナルの脚本のようです。

遊川和彦さんってどんな人?

脚本・演出家の遊川和彦さん

そんな遊川和彦さんの代表作はというと・・・

ー遊川和彦さんの代表作ー

・テレビドラマ
『GTO』
『女王の教室』
『家政婦のミタ』
『過保護のカホコ』
『35歳の少女』
『ハケン占い師アタル』 …etc

・映画
『恋妻家宮本』

必ずどれかは見たことある方も多いのではないでしょうか?

これだけのヒット作の脚本はどうやって作られているのかな、、、と遊川和彦さんを調べたところ、

毎日新聞の遊川和彦さんのインタビュー記事がありました。

毎日新聞のTwitterより

遊川和彦さんの実績は本当に「すごい!!」の一言ですね。

【となりのチカラ】は脚本と演出(監督)を担当

となりのチカラ
公式YouTubeより

松本潤さん主演の「となりのチカラ」では、脚本に加え演出もされています。

公式HPにコメントが載っていました。

脚本・演出 遊川和彦さん コメント

格好いい俳優が格好いい役をやることに猛烈な拒否反応があるへそ曲がりのぼくに、「松本潤さんで連ドラを…」というオファーがテレ朝から来たことは、ファンの方には物凄くアンラッキーなことだったかもしれません。
実際、ぼくは「今まで見たことのない情けない男をやらせたい」と即答したから。


引用元「となりのチカラ」公式HPより

たしかに思い返してみると、「家政婦のミタ」や、「過保護のカホコ」など一癖二癖もある役柄が主人公ですよね。
「となりのチカラ」では、松本潤さんが「情けない男」を演じるそう。

となりのチカラ
公式YouTubeより

いったいどんな役柄なのでしょうか。そして、ストーリーは・・・? 恋模様は・・・?
ドラマの放送が待ち遠しいですね!!

【となりのチカラ】放送前のネタバレまとめ

となりのチカラ
公式Twitterより

放送前にも関わらず、キャラクターやロケ地目撃情報、キャストの相関図などわかっていることがあります。
早速まとめてみました!

堀越高校出身の2人が夫婦役に

となりのチカラ
公式インスタグラムより

主演の松本潤さん(中越チカラ・役)と妻役の上戸彩さん(中越灯・役)。2人は同じ「堀越高校出身」と言われています。
10代の頃からお互いよく知っている仲だそうですが「となりのチカラ」がなんと初共演!!
松本潤さんが上戸彩さんとの初共演についてコメントしています。

松本潤さん

高校が一緒だったこともあり、ずっと昔から知ってはいるので、夫婦役というのは「うれしはずかし」と言いますか…(笑)。

上戸彩さんも松本潤さんとの初共演についてコメントしてます。

上戸彩さん

 松本さんとの出会いは15,6歳の頃だったので、そう思うと恥ずかしい気持ちも…ないかな(笑)

高校時代から知っているとのことで二人とも仲が良いんですね!
上戸彩さんはEXILEのHIROさんとご結婚されているので、松本潤さんとの恋沙汰はなさそうです!
松本潤さんのファンの皆さんも安心なキャストと言えそうです。

松本潤と長尾謙杜が連絡先を交換

となりのチカラ
公式Twitterより

2021年「なにわ男子」としてデビューした長尾謙杜さん。松本潤さんは事務所の先輩であるためドラマ共演をきっかけに連絡先を交換した模様です。

長尾謙杜さん

(松本潤さんと)連絡先を交換させていただいたんですけど、「なんて送ったらいいやろ…」って、毎回打っては消して、打っては消して…を繰り返しています…。

「毎回打っては消して、打っては消して…を繰り返しています…。」って、まるで片思いの人にメッセージを送るみたいですね。可愛らしいです^^(笑)

重要なキャラクターの猫

個性派俳優2名に加え、重要キャラクターの猫が出演することがわかりました!

となりのチカラ
公式Twitterより

公式HPによると、それぞれのキャラの特徴は以下です。

担当編集者=本間奏人・役=勝地涼さん
本間=どんなにつまらない大御所の自慢話でも、感動的なエッセイに仕上げてくれるチカラの才能は評価しているものの、「自分のオリジナル小説を書きたい」というチカラの要望は、のらりくらりとかわしてしまう


カフェの店主=通称「マスター」役=夙川アトムさん
マスターのカフェ「Mukaino Cafe」=マンションの向かいのカフェ=マンションの様子が全て見えてしまうのでチカラの絶好の(?)の場となる!



重要キャラクター=猫
猫 = マンションの住人たちに起こる全てのことを、その目で見ているたったひとり(1匹)の《目撃者》

猫好きにも目が離せない」ドラマになりそうですね^^

松嶋菜々子が404号室の道尾頼子役で出演 

*2022/01/07追加情報

同じ脚本の遊川和彦さんの「家政婦のミタ」で主役を演じた松嶋菜々子さんが「となりのチカラ」に出演することが発表されました。
中越チカラ(松本潤さん)は403号室なので、404号室の道尾頼子(松嶋菜々子さん)はお隣さんになりますね。
自分とは真逆の役柄」を演じられているそうで、松本潤さんとの絡みも非常に気になります!

ますます「となりのチカラ」が楽しみになってきましたね^^

ロケ地は千葉県の運河駅や練馬区の大泉学園!

撮影の目撃情報がTwitterに続々とあがっています。

千葉県流山市運河駅

千葉県流山市にある東武鉄道野田線の「運河駅」で松本潤さんの目撃情報があるようです。

練馬区大泉学園町

大泉学園はロケ地としてもよく使用されているそうです。

東京都稲城市

なにわ男子の長尾謙社さんも「となりのチカラ」に出演決定してますのでこれは確実ですね。

横浜あおば霊苑

2022年1月5日の松本潤さんの撮影目撃情報です。

撮影が「となりのチカラ」だとすると、霊苑でいったいどんなストーリーが繰り広げられるのでしょうか。

ますます気になります!!

相関図から見えるもの

「となりのチカラ」は同じマンションに住む住人たちの悩みを解決していき、
そのマンションがひとつのコミュニティーとなって強いつながりを持って行く姿を描くストーリー。

403号室の「中越チカラ家族」をはじめとして、

お隣の「402号」「502号」「303号」、、、と順番に住人の悩みを解決してくれそうです。

予告編の最後で中越チカラがキュン死セリフを伝えていたのは、

髪型が三つ編みの様子から402号室の娘、「木次好美」の可能性が高いですね。

「お隣さんの子」を巻き込んで何かやらかしてしまうのでしょうか。

本編が楽しみですね^^

【となりのチカラ】を120%楽しむための見どころをチェック

松本潤が演じる中越チカラとは?

となりのチカラ
予告より

松本潤さんが演じる中越チカラとはどんな人物なのでしょうか?

公式HPにも「みどころ」をピックアップされています。

テレ朝ドラマ初主演!松本 潤がこれまでにないキャラクターで新境地を開く!

思いやりと人間愛だけは人一倍、だけど何をしても中途半端で半人前な男、“中腰の”中越チカラ――。

ー 中略 ー

 人の話をじっくりと聞く才能はあるのに、多くの人の話を聞きすぎて逆に悩んでしまう――「人を救いたい」「周囲を平和にしたい」という思いが、すべての行動原理であるチカラですが、いつも中途半端に他人の問題に関わってしまい…簡単に解決できない問題だとわかると、いつもオロオロと中腰になりながら悩んでしまうのです。

 そんなチカラが、同じマンションに住む住人たちの悩みを解決し、やがてそのマンションはひとつのコミュニティーとなって強い繋がりを持っていくことに…。

ー 以下略 ー

引用:「となりのチカラ」公式ホームページより

ここから、主人公の中越チカラは「同じマンションの住民の問題を解決したい役」だということがわかります。

ただ性格上の問題や、難解な問題が多くあり、

よくあるヒーローみたいに「かっこよく問題解決!」というよりも、

オロオロと中腰になって悩んでしまう」というちょっと難癖ある役のようです。

それを松本潤さんがどう演じるのか、、、

ここが非常にみどころであり、楽しみなところだと感じます。

中腰(ちゅうごし)ヒーローって何?

脚本家の遊川和彦さんといえば「はじめまして、愛しています。」や「過保護のカホコ」など、オリジナルでインパクトのあるキャラクターを生み出しています。

そんな遊川和彦さんが、「中腰(ちゅうごし)ヒーロー」を誕生させました。

では「中腰ヒーロー」とは、一体どんなヒーローなのでしょうか。

人気脚本家・遊川和彦が描き出す新時代の《中腰ヒーロー》に注目!

 ー 前略 ー

 ドラマの舞台は都内のとあるマンション。このマンションには“様々な問題”を抱える住人が住んでいます。まわりが見て見ぬふりをして通り過ぎていく中で、「大丈夫ですか? 何かありました?」と、隣人につい声をかけてしまうのが、主人公の中越チカラ

チカラが孤独な周囲の住人を心配し思いやり、中腰で悩みながら失敗を繰り返しながら、徐々に関係性を築き上げていきます

 ー 中略 ー

 生活様式も変わり、人と人との関わり方も大きく変化。ますます複雑さを増していく現代社会の問題は、そう簡単に解決することはありません。それでも、チカラが発する些細な一言をきっかけに、人と人が繋がり始め、世界はほんの少しずつ優しさを取り戻していくのです。

 ー 以下略 ー

引用:「となりのチカラ」公式ホームページより

ここから読み取れるのは、

中腰になりながらも、無理難題でも些細な一言で、ドラマに限らず、現代の少しうつむいた人々(視聴者)の心を少しほっと優しくほぐしてくれる = 中越チカラ = 中腰ヒーロー

といえるのではないでしょうか。

また、「すごく明るいドラマ」と松本潤さんがコメントを出されているように、予告にあるようなシリアスな雰囲気よりもアットホームなドラマになるのではないかと予測します。

そして、主題歌はなんと坂本九さんの名曲「上を向いて歩こう」なんです。

これは絶対聴きたい!主題歌は上原ひろみの「上を向いて歩こう」

東京オリンピックの開会式でも演奏を披露してくれた世界的ジャズピアニストの上原ひろみさん。

そんな上原ひろみさんが主題歌「上を向いて歩こう」をピアノで奏でてくれます。

なんと毎回違ったアレンジの「上を向いて歩こう」が聴けるとか。

今から楽しみが止まりませんね!

↓↓↓↓↓↓↓↓すでに主題歌が解禁されています↓↓↓↓↓↓↓↓

目次
閉じる