MENU

義母と娘のブルース(#ぎぼむす)2022年謹賀新年スペシャル!ネタバレと感想

2022年1月2日21時に放送された「義母と娘のブルース2022年謹賀新年スペシャル!

ようやく観れましたね!!めちゃくちゃ面白かったですし、最後は感動してしまいました!

今回の見所は・・・ 

亡き夫にそっくりな「岩城良治(竹野内豊)」と亜希子(綾瀬はるか)さんの恋の行方はいかに?

20歳になった宮本みゆき(上白石萌歌)の母的なサポートとは?

ベーカリー麦田(パン屋)の麦田章(佐藤健)と亜希子さんとの片思いの行方は?

麦田史上、最大のやらかしとは?弁護士の中瀬泉美が〇〇??

桜向日葵の大活躍とは?

見てなかった方はネタバレになりますので、これ以上読み進めないようにしてください!

それでは早速見ていきましょう^^

目次

ぎぼむす2020年前回スペシャルの衝撃ラストおさらい

亡き夫である良一さんと、ファンドマネージャーの岩城良治が瓜二つのところからはじまります。

2020年の年明け。義母・亜希子(綾瀬はるか)の手腕により再建に向かっていた大阪の企業・ゴルディックが乗っ取りに遭う。新しいオーナーは、外資系ファンドのボス。企業を安値で買収し、株式や資産を高値で売りさばいて大金を得る、いわゆるハゲタカである。しかし、憎き相手に対面したはずの亜希子は、彼の姿に言葉を失ってしまう。リベンジすべきその男・岩城良治(竹野内豊)は、他界した夫・良一(竹野内豊、2役)と顔が瓜二つだったのだ!!

https://www.tbs.co.jp/gibomusu_blues/story/

義母と娘のブルース(#ぎぼむす)2022年謹賀新年スペシャル!考察&ネタバレ

ストーリーとともにブログ著者の感想、という順で進めていきます!

早速見ていきましょう!

冒頭

2020年年明けに亜希子(綾瀬はるか)さんがGOLDICKの山本勘九郎(武田鉄矢)代理人として、岩城良治(竹野内豊)と初めて出会う。

大阪での仕事がなくなった亜希子さんは、みゆきとともに前住んで居たマンションに引っ越す。
そこにキッチンカーが近所にきて、みゆきがひらめく。

麦田さんにベーカリーのキッチンカーができるかもとアイデアをプレゼンする亜希子さんとみゆき。桜向日葵がトラックを調達し、麦田はその気になる。

前の恋人と似た人がいるとドキドキしてしまうのは亜希子だけではないと思うな〜と共感。

てか、すぐに車調達できるぐらいベーカリー麦田は儲かってるって証拠だね^^

キッチンカーが繁盛、がっちりマンデーに出演!

さっそくはじめるとキッチンカーが繁盛し始める。
亜希子さんが増産を依頼するが麦田は「もぅ作れないよ〜」と愚痴をこぼす。

麦田ベーカリーはどんどん繁盛しはじめ、がっちりマンデーに出演するまでになる。

ダインキャピタル・ジャパン=ハゲタカ=岩城良治(竹野内豊)は、ベーカリー麦田を買収する計画を立てる。

その時、ベーカリー麦田のスタッフが倒れてしまい、亜希子さんは拡大をストップするよう説得する。



ベーカリー麦田以外での移動販売を立ち上げのアイデアを亜希子さんは桜へアドバイスしていたところに、ベーカリー麦田に岩城が訪れる。

岩城と亜希子がバトルするが、良一さんとダブって見えてしまい、亜希子は正気では居られなくなる。しかし、強気な亜希子は岩城を必死で追い払う。

がっちりマンデーのところはガチで笑った〜(笑)

正直インパクトありすぎて他が思い出せない。(笑)

白百合製パンとベーカリー麦田を合併したい

別のパン屋=白百合製パンとの合併を持ちかける岩城。しかし亜希子さんは必死に断る。
岩城から麦田にLINEで「一杯やらないか、男同士で。」と誘われる。

亜希子さんは良一さんとウェディングドレスの試着をする夢を見るが、亡き夫の良一さんが岩城へと変わるところで目がさめる。

麦田と岩城は白百合製パンの工場で見学をし、麦田に現実味を帯びさせる作戦にでた。

亜希子さんは工場に乗り込み、止めに入ったがあまりに合併にのめり込む麦田。

前向きに考えるため、MTGを持ちかけるが、白百合製パンの社長はしどろもどろだった。

岩城は移動販売が桜とみゆきの発案だと気づき、桜とみゆきに資本(キャッシュ)を渡しに会いにゆく。

白百合製パンを救えるのは亜希子さんだけだと伝えてと捨て台詞を言って去る。

ここまで岩城が悪者に見えないんだよな〜、普通いいいやつじゃんって思ってしまう。

でも裏はある気がムンムンとする。普通に企業としてM&Aとか最近あるもんね。

でも白百合と麦田じゃ会社のスケールが違いすぎて、M&Aしても麦田が社長になるのはさすがに疑問。

気になるハゲタカの存在

ベーカリー麦田と白百合製パンが合併した場合としない場合でシミュレーションをする亜希子さん。
どちらも、合併した場合の方が幸せになれるシミュレーションしか選択肢がなかった。

ベーカリー麦田のパンの試作を作った白百合製パンの谷崎さん。

亜希子さんは岩城と麦田が二人きりで会わないように忠告を受ける。

岩城には裏があるのは承知だが、足元を救われないように注意しながら合併を進めるように決めた亜希子さん。

GOLDICKを解体したハゲタカに警戒していたが、「普通に企業を再生することもある」との発言に心を動かされる。

岩城と亜希子さんはベーカリー麦田と白百合製パンの今後についてそれぞれのアイデアを出し合う。

岩城と亜希子さんがいい感じになってく様が微笑ましかった^^
「普通に企業を再生する」って、岩城、めっちゃいいやつじゃん。

岩城とデートする亜希子とみゆき

岩城は亜希子さんに電話。娘と一緒に気分転換しながら打ち合わせしようとお誘いを受ける。

3人で遊園地へ行きそれなりに楽しむ。

岩城には妊娠中に亡くなった妻(弁護士)がいることを告白される。

「もしパートナーが生きていればこんな風に。。。」と3人それぞれ思いにふける。

岩城と亡き夫・良一さんが重なる亜希子さん。

帰り道、岩城が提案した「麦田社長の合弁会社」を設立する方向でどうかと諭す。

岩城の株式を5年間ロックする条件をつけたいとの提案を快く持ち帰ると岩城。

「また明日」と、岩城と握手した手がなかなか洗えず棒立ちになっていた。

寝る前も遊園地で買ってもらったうさぎの被り物を身につけ、「恋」になりそうな予感とみゆきは気がつく。

ここの岩城はめっちゃいいやつだった!

なんかそのまま亜希子さんとくっついてほしいなって思ってしまった。

「また明日」のその一言の重み。身近で大切な人を亡くした私も、めちゃくちゃわかります。

岩城と握手した手が洗えないのもやっぱり「好き」だからだよね。。。う〜ん、切ない!

岩城の思惑 VS 亜希子の想い

亜希子さんは弁護士の中瀬に合弁会社設立に5年間ロックする条件があれば問題ないとの助言をうけ安心する。

しかし、麦田はキムタヤになりたくないと言い出す。亜希子さんはダメだと説得する。

麦田は岩城と会いたいとLINEを送る。

岩城にキムタヤをやめたいと告げるが、うまくまとめ上げられ、麦田に亜希子さんに社長になってプロポーズをしたらとすすめる。

岩城と電話し終える間際、「おやすみなさいませ」と言われ、亜希子さんがドキドキしてしまう。そこにみゆきがいて、「岩城さんが好きでしょ」と諭される。

麦田は亜希子さんに向けてパン作りを黒田へ手伝ってほしいと電話する。

岩城と亜希子さんは計画書のドラフトを交わし、株式ロック条項を取り入れたもので契約をするようすすめていく。亜希子さんは契約の日取りを決めようと迫ったが、岩城にプライベートの休日が気になるとかわされる。

どんどん岩城にハマる亜希子さん。
でも、その裏で、麦田は亜希子さんとの約束を破って岩城と会っちゃうんだよな〜。
しかも契約書まで書かされてるとは。。。岩城はこういうことするやつだったとは。。。

麦田のお尻の穴のシーンは普通に笑った。ってか佐藤健さん体張りすぎ(笑)

岩城の裏切り

山本勘九郎社長から亜希子さんへ電話があり、岩城が会見をしていると知らせがある。

亜希子との契約前にも関わらず、岩城は白百合製パンがベーカリー麦田を買収したと記者会見した。

亜希子の知らないところで、麦田は岩城と、株式ロック条項なし、社長の権限も岩城とするよう契約書を交わしていた。亜希子さんは倒れてしまう。

亜希子さんは病院のベッドで説明を受ける麦田とお店のスタッフは新たな奇跡を起こそうと亜希子さんは奮起する。

さすがにそれはないわ〜、と岩城を非難。

やっぱりハゲタカ。そういうやつだったのか。と心の中でブーイング。

でも亜希子さんが、どんな奇跡を起こすのか期待大!!

小さな奇跡

亜希子さん指導のもと、麦田と谷崎に会って白百合製パンのみんなに話してもらうよう持ちかける。

岩城の元妻は亡くなったと聞かされていたが、それは嘘であり、中瀬弁護士は岩城の元妻だったことを告白される。

亜希子さんと谷崎は翌朝にデモ・ストライキ計画を立てる。

工場は全てストップして株価は暴落。

ダインキャピタルジャパンの岩城たちは戸惑う。

亜希子さんは岩城たちへ説得、ベーカリー麦田の契約の件は岩城の元妻の中瀬弁護士へ任せることにした。

亜希子さんとみゆきは岩城の愚痴大会を始める。それでも岩城の「また明日」というセリフに思いをふける亜希子さん。

みゆきはクリスマス前に何かを思いつき岩城さんに会いに行く。

パン職人がいてなんぼのパン屋さん。

やっぱり、トップがしっかりと現場をわかってないと企業って成り立たないんですよね。

そして、まさかの岩城の元妻が中瀬弁護士だったとは!これにはびっくり!

亜希子さんの良一さんの一途な想い、、、これにもすごく切ない気持ちでいっぱいでした。

みゆきの粋な計らいにもグッときて泣きそうでした!

亜希子のウェディングドレス

元旦当日。みゆきから渡されたお年玉袋に入っていた切符。亜希子さんとみゆきが向かったホテルのロビーに待って居たのはヒゲを剃った岩城だった。

亜希子さんと岩城と記念写真を撮る予定のところに、紋付袴を来た麦田。

岩城、みゆき、亜希子さんの3人を目の前にした麦田は感情を押し殺せずカメラの前に向かってしまう。

みゆきが粋な計らいをしてくれたな〜と感動。手伝って居た黒田くんも素敵!

でも、なんで最後の最後に麦田がいるの〜、、、タイミング悪い〜〜。(笑)

感動もあったけど笑いもあってこれぞ#ぎぼむすって感じかもね。

ありがとうございました^^

視聴者のネットの声

ファン1

「また明日」の重み よくわかります。

ファン2

今回も面白かった。新キャラが敵か味方か疑心暗鬼にさせて引っ張りつつ、全てを失う絶望的展開からの大逆転。最後はみんな仲直りでハッピーエンド。さすが森下佳子脚本。

ファン3

お正月らしく、いつもの 笑いとちょっぴり涙の 最高のドラマでした またやって欲しい

ファン1

おもしろかったー楽しかったー あほの麦田大好き
これ毎年恒例にしてほしい

ファン1

今年もほっこり。 亜希子さんが良一さんの写真を見ながら 「明日は来る、それだけはあのヒゲの勝ちでしたね」 みたいなセリフに泣かされた このあとヒゲが改心して元妻とやり直して欲しいなぁとか、店長はいつまでもあのままでいて欲しいなぁとか… つまり、来年もよろしくお願いします!

面白かった、感動した、ほっこりした、という意見が多数見受けられました。

お正月だからこそ、最後はハッピーエンドでよかったですよね。

また来年も見たくなる、そんな声も多数ありました!

まとめ

いかがだったでしょうか。

恋と一緒に企業の成長を一緒にできるのか、ハラハラどきどきしましたね。

麦田への想いは微塵もなさそうで、馬鹿正直な麦田のことを思うと切なくなりました。(笑)

最後にはちょっとうるっときてしまう感動シーンもあって、とっても楽しかったです。

そして、1月2日は竹野内豊さんの51歳の誕生日!おめでとうございます^^

続編がまたあることを祈って楽しみに待ちましょう!!

目次
閉じる